「教職員の時間外労働にも上限を設ける」署名のお願い

 学校現場では、勤務時間が適切に把握されず、過労死基準にあたる100時間以上働くことが「常識」となっています。国は、教員の働き方や業務のあり方について検討するとしています。過労死基準を上回る長時間労働が横行する学校の「常識」を変えるため、直ちに時間外労働の上限規制を設けることを求めます。

※ 先月号でお知らせしましたが、署名用紙を入れぬかっており、ご迷惑をおかけいたしました。今回、封筒に署名用紙を入れています。各職場において、積極的なとりくみを行い、至急、書記局まで送付をお願いします。

※署名用紙は、こちらからもPDFファイルにてダウンロードできます。