速報 12月20日政府予算閣議決定

2020年度教育予算が確定

1 教職員定数の改善(+3,726人)
小学校英語専科指導教員の充実 +1,000人
小学校専科指導の充実支援   +2,201人
中学校生徒指導・支援体制の強化 +210人
標準法改正による基礎定数に伴う増+315人
2 多彩なサポートスタッフの配置 (+2,500人)
学力向上のための学校教育活動支援 +300人
スクールサポートスタッフの配置 +1,000人
中学校における部活動指導員配置 +1,200人

12月17日、財務大臣と文科大臣間での来年度予算案の折衝が行われ、教職員定数とサポートスタッフ予算が確定しました。対前年度比は21億円の増。

「小学校専科指導の充実」「中学校生徒指導・支援体制の強化」「多彩なサポートスタッフの配置」については、新学習指導要領の円滑な実施と学校における働き方改革の実現のための加配であるため、この配置を市町村が活用する場合は客観的な機器による教職員の在校等時間の把握が確実におこなわれることが前提であるとの要件がつけられています。

12月20日に政府予算を閣議決定した後に、文科省は再度、各県教育委員会に加配定数の申請を求めるとのことです。